憂国つれづれ草
日本の将来に対する漠然とした不安…。このモヤモヤとした気持ちを吐き出すために、つれづれなるままに 憂国の日記を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人権擁護」という悪魔が鳥取に降り立つ

人権救済条例が成立 鳥取県、来年6月に施行 都道府県で初(産経)
 人種差別など人権侵害からの救済や予防を掲げた「人権侵害救済推進及び手続に関する条例」(人権救済条例)が十二日、鳥取県議会で可決、成立した。全般的な人権侵害救済で条例が制定されるのは全国で初めて。平成二十二年三月までの時限条例として、来年六月に施行される。

 政府が再提案をめざしている「人権擁護法案」の地方版ともいえ、差別や虐待など八項目を人権侵害の行為と規定。被害からの救済や予防を、同条例に基づいて設置される「人権侵害救済推進委員会」に申し立てることができる。委員会は人権問題などに見識のある五人で構成され、加害者に是正勧告し従わない場合は事実や氏名を公表。さらに、委員会の調査への協力を正当な理由なく拒んだ場合は罰則(五万円以下の過料)が規定されている。

 ただ、行政機関については、犯罪の予防、捜査などに支障があると当該機関のトップが判断すれば、協力を拒否できることになっている。

 県弁護士会は「氏名の公表は刑事罰に匹敵する制裁となる可能性があるにもかかわらず、申立人に対する反対尋問も保障されていない」と不備を指摘。

 「調査に協力しない当事者への罰則は、供述や自白が強制されないという刑事事件の容疑者にも認められている権利の否定で、憲法違反の恐れがある」などと批判している。

 条例案は県議三十八人のうち三十五人が共同提案したが、「拙速」「人権侵害の定義があいまい」など反対の声も多いため、この日の本会議は対応の協議などで開会が遅れる一幕もあった。

 条例をめぐっては、片山善博知事が「地方ごとに人権擁護機関を作った方が、きめ細かい判断が下せる」として検討が始まり、昨年の十二月議会に県が条例案を提出。さらにこれを修正する形の条例案が議員提出され、さらに継続審議となっていた。

──────────────引用ここまで────────────

 ついに人権擁護法案の地方版ともいえる鳥取県の人権救済条例が成立してしまいました。人権侵害の定義が曖昧、委員会が人権侵害の範囲を恣意的に決定でき、なおかつ加害者から申立人への反論の機会も与えられないという一方的な内容です。あらゆる紛争は双方から話を聞いたうえで事実関係を調査するのが民主主義社会の大原則なはずです。にもかかわらず「人権侵害救済推進委員会」なるものが絶対的な権力を持つというのは、とても法治国家とは思えません。さらにこの条例の場合、行政機関だけは例外的に調査の拒否権もあり、民に厳しく官に優しい内容になっています。表現の自由に関する規定もはっきりしたものはなく、メディア報道も規制の対象になる可能性もあります。
 こんな異常な条例ができたというのに、新聞での報道はあるもののテレビでのニュースではほぼ完全スルー。竹島条例のときはあれほど大々的に報じていたのに、何か避けたい理由があるのでしょうか? それともどこかからの圧力を恐れているのでしょうか? 

 私は、この条例制定の流れが全国に波及するのではと非常に危惧しています。もし全国の自治体全てで人権擁護法案的な条例が作られれば、国会で法案が通過しなくても実質的に法案が成立したことと同じことだからです。今回の鳥取県の事態は「人権救済」という甘い皮で包まれた悪魔の種が芽生えた瞬間だと思います。当たり前のことを当たり前に主張できる社会を維持するために、我々は全力で声をあげ、この流れを阻止しなくてはなりません! また、国会では小泉首相が何を血迷ったのか人権擁護法案の早期成立を目指す旨の発言をしています。こちらの動きも注意深く見守っていかねばなりません。

悪魔の種を踏み潰したい方はクリック
       ↓
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:人権擁護法案 - ジャンル:政治・経済




カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ユタロー

  • Author:ユタロー
  • 日本の将来が心配な東京在住の三十路男。

オススメ

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。