憂国つれづれ草
日本の将来に対する漠然とした不安…。このモヤモヤとした気持ちを吐き出すために、つれづれなるままに 憂国の日記を書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大陸のネット弾圧から身を守る法
「検閲からブログ守れ、暗号化などの手引発行…民間団体」(読売)
 国際的なジャーナリスト民間団体「国境なき記者団」(本部パリ)が、表現・報道の自由を制限されている国のジャーナリストを主な対象にブログの開設方法や当局による検閲・逮捕を逃れるノウハウを伝授した手引書を発行した。
 手引書はフランス政府の援助で実現。最新技術を活用することで抑圧体制を打倒し、民主主義を定着させることを狙っている。
 「ブロガーとサイバー反体制派のための手引書」は87ページ。同記者団によると、対象となるのは中国、イラン、キューバ、ベトナム、サウジアラビア、ウズベキスタンなど。現在、中国で62人、キューバで21人など世界で約100人がインターネット上で反体制活動を行ったとして投獄されている。手引書はこれ以上の「サイバー反体制派」の逮捕増加を防ぐとともに、ブログを自由な表現・報道の手段とするためのもの。現在、世界には約1億7000万件のウェブサイトがあり、約5000万人のブログ読者がいる。このため、ブログは表現・報道の自由を保証する有力な手段となり得る。ただ、同記者団は9月初旬、中国政府が米検索エンジン大手ヤフーの情報提供に基づき、中国人記者を逮捕、同記者が今年4月、禁固10年の有罪判決を受けたとして批判した。
─────────────引用ここまで───────────
 このニュース、タイトルだけ見たときは左翼的なことが大好きなジャーナリストたちの反体制アピールかと思ったんですが、実はさにあらず。要は中国を首領とする言論超弾圧国家に対する批判行動でした。報道にあるように、ネット上での言論活動を理由として投獄されている約100人のうち何と62人が中国とのこと。まあ、あの国に言論の自由がないのは百も承知ですが、ネットを発火点とする反政府活動にそうとう神経質になっているのでしょう。ここ数年、中国国内ではあらゆる口実でネットカフェの大量摘発が行われ、さらに膨大な数のネット監視官たちが政府に都合の悪いサイトや書き込みを削除しまくっています。12億もの国民が自由と民主主義に目覚めた日には、中国共産党などチャウシェスクのように一夜にして葬り去られるのですから無理もありません。私は、ネットでの言論活動というのは、たとえ最初は小さなカエルの鳴き声であっても、巡り巡って結果的に大蛇ですら倒せる可能性もあると考えています。この大蛇の尋常でない怯え方、もうコトは始まっているかもしれません。

 ちなみに、この「ブロガーとサイバー反体制派のための手引書」は仏、英、中国、アラビア、ペルシャ語の5か国語で作成。「国境なき記者団」のホームページ(http://www.rsf.org/)からダウンロードできるそうです。

北京の大蛇を倒したい大和魂のカエルはクリック
    ↓
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済




カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ユタロー

  • Author:ユタロー
  • 日本の将来が心配な東京在住の三十路男。

オススメ

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。